タワーマンション

ここ何年かの間で駅の近くに高層マンションがポコポコ建設されていて、近くにありながら「どう見てもアパートだろ」みたいな“マンション”に住んでいる自分には一切縁のないものだと思っていたけど、先日ひょんなことからその一室にお邪魔することになった。
普段から人を集めて何かイベントをすることも多いみたいで、簡易椅子がたくさん。
カウンターキッチンのある綺麗なフローリングの、景色がめちゃめちゃ良い高層階の部屋。
お金を稼ぐ人はふつうに労働して生きてる人と見てる世界が違うとはよく聞く話だけど、文字通り、普段の“見てる景色”も全然違うんだなということを思い知らされた。
私には一生縁のなさそうなお部屋。
というか縁がないと思ってるうちはないのかもね。
ほんとに理想で本気で住みたい!って思ったらその目標のために全力で頑張るだろうし。
「またいつでも遊びに来てね」といわれたけど、部屋にたどり着くまでに2回くらいセキュリティ対策でなんか操作しなきゃいけないパネルが出てきて(いくつかのボタンを押すだけだけど)それだけで恐縮してしまって気軽に遊びに行ける感じじゃなかった。
まずは自分のその辺の意識から変えていかないとだめだな…。
ていうかどうでもいいけど“ひょんなこと”なんて言葉初めて使ったな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ