ダイエットと停滞期について

しっかりとダイエットをしていてもある程度体重が減るとなかなか減らなくなったり、逆に体重がふえてしまうということがあります。

これはダイエット方法が間違っていたかダイエットの停滞期というものに入ってきてしまったからだと考えられます。

間違ったダイエットをしている場合は改善しなければ治りませんが停滞期は体の仕組みを理解することで解決することができます。

停滞期とは食べ物からより多くのエネルギーを摂取して、なおかつできるだけエネルギーを消費しないようにするという状態のことで本来は非常時に命を守るための仕組みなのですが、ダイエットをしているときにも体が間違って認識するため発生するといわれています。

体重が5%くらい減少すると停滞期になると言われており無理に体重を減らそうとすると、逆に防衛機能が活発に働くので結果的にこの体重が減らない停滞期が継続しやすくなってしまうという悪循環に陥りやすいです。

この期間中は体重を減らそうとするのではなく維持し続けようとすることが肝心で維持することで防衛機能が停止して停滞期がおわるので、そこからまた体重を減らすことが可能となっています。

停滞期を確認するために毎日の体重グラフをつけることでいつ自分が停滞期に入っているかを確認したりして自分の体としっかり相談しながらダイエットをしていくことが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ