実家の母が高価な着物を買った

実家の母親から久しぶりにメールが来たと思ったら、どうやら父の退職金でかなりいい着物を買ったとのことでした。まだ実物は届いていないようですが、届くのが待ちきれない様子です。
昔から母は買い物をするのは好きな方でしたが、それは今でも変わっていないようで安心しました。試しに値段を聞いてみると百万を超えていました。
私の給料が月に十五万くらいですから、だいたい六ヶ月分ですね。まあ今まで父と一緒に頑張ってきたのですからそのくらいのぜいたくは別に構わないと思うのですが、それでもすごい値段です。
しかし今の日本に着物を着て行く場所などそんなにあるのでしょうか。せっかくいい着物を買ってもそれを着て行く機会がなければもったいないと思うのです。
それも後ほど聞いてみましたが、どうやら町内の寄り合いなどでかなり機会はあるとのことでした。確かに私はすでに東京に出てきて暮らしていますから、感覚が全く違うのかもしれません。とりあえずそれならよかったです。
今年の年末に私も実家に一年ぶりに帰るつもりなので、その時に見せてもらおうと思っています。おそらくまたすぐに結婚の話になると思いますが、その時はその時でまた言い訳を考えたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ