子供が初めて自転車に乗れたとき

まわりのお友達がもう1人で乗れるようになったよと聞いて、
補助輪をはずした自転車で練習してみました。
さぁ乗ってみよう!
あれ?
「大丈夫だよ、後ろでちゃんとささえてるからね。」
…何回も何十回やってもうまく乗れません。
私自身が子供の頃すぐに乗れたので、
すぐに乗れるものだと思っていたから正直あせりました。
日も暮れはじめたので
「また明日練習しようね。」
と顔をのぞいたら本人も不安気な顔をしています。
私の教え方がへたくそだからかなと、
家に帰ってから夜ネットで「子供 自転車 教える コツ」で検索します。
・ペダルに足を乗せる前に足で蹴る練習
・サドルの高さ
・目線
・体のバランスを大事に
など細かく書いてある記事をみて、
なるほどー、あぁこの教え方間違えてたとか結構ありました。
あせらず根気よく一緒に頑張ろうと決意して1週間ちょっとたって、
家からほんの数分のスーパーまで、
ペダルをこがないで足で蹴りながら行くことにしました。
車はあまり通らない道だけど、歩行者に気をつけようと私がキョロキョロしていると…
私の横をスゥーっと通る自転車が…
乗ってる!ペダルこいでるー!!
ブレーキをかけて振りかえって、
「お母さん、乗れたよ!ちゃんとこげたよー!!」
自転車に乗れることなんてそんなに感動はしないと思っていたのに、
あの満足そうな子供のニコニコ笑顔を見たら、
めちゃくちゃ嬉しいものなんですね笑
子供も自信がついたのか、今日も一緒に買い物行こうね!と元気よく学校へ行きました。
安全に気をつけて今日も一緒に自転車で行ってきます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ