生活感のないライフスタイルを送るために

私は二十歳の頃にはいつもオードリー・ヘップバーンの「ティファニーで朝食を」のビデオや原作の本を何度も繰り返し観たり、読んだりしていました。
美しいオードリー・ヘップバーンの外見に憧れるといった事以外でも、生活感ゼロのライフスタイルにずっと憧れていました。
それで独身の頃に一人暮らしをしていた時には、自分も出来る限り生活感ゼロになるように努力していました。
元々面倒くさがり屋で超マイペースな生活なので独身時代はそういった俗世を離れたライフスタイルも可能だったのですが、結婚して子供が出来てからはどうしても毎日のように炊事と洗濯といった家事が必要になってくるので大変でした。
でも家族が毎日快適に生活できるようにと必死で13年間家事をさぼる事なく頑張ってきたおかげで、今は夫が単身赴任なので以前に比べて少しまた生活感のないライフスタイルを送る事が出来ています。
家族みんなでの生活も楽しいのですが、いつもおしゃれでシンプルなライフスタイルの方が自分には何だか合っているような気がします。
夫の単身赴任によって家計も二重生活で大変なのですが、その分家事の負担が減って自分の時間が持てるようになりました。
夫も月に4~6日会える程度が一番なのかなと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ