客としての立場から思う事

最近、とあるサイトがインターフェイスの大規模なリニューアルを行いました。
その内容がどうもユーザーとしてはあまりよろしくない感じなのですが、作った側としては必ずしもそうではないようです。
それについて色々と意見を読んで、特に気になったのがこういう意見。
「ユーザーは専門的な知識を持っていないのが当然なのだから、製作者側はユーザーの不満が曖昧である事に不満を持たないべき」
それってちょっと同意できないなぁと思いました。
例えば、どこに誤字があるだとか、今のシステムはこういう理由で使いにくいのでどうなってほしいとか。
そうやって具体的に不満点を述べてもらわない事には対処のしようがないと思います。
ただ不満がある、というだけだと、製作者側としてはあてずっぽうの予想をするしかなく、その予想が外れて更に悪い状態を呼んでしまうかもしれません。
製作者だってただの人間です。「空気読め」と言うのは簡単ですが、人の心を読めるような超能力は持っていません。
一つの物事について好き嫌いは人によって必ず違うので、人の気持ちはその人自身にしか分かりません。
なので、何か不満があるとしたらまずは具体的に、お互い誤解がない言い方をして意思疎通をするのがユーザー側に求められる配慮だと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ